TACOMA FUJI RECORDS | WORKS/STORE

  • MY ACCOUNT
  • VIEW CART

THE WORKHORSE EMBLEM CAP designed by LETTERBOY

THE WORKHORSE EMBLEM CAP designed by LETTERBOY
THE WORKHORSE by TACOMA FUJI RECORDS

ポートランド近郊、タイガード出身のElliot Wescottは結婚を機に妻の故郷東京に移住、
ヘヴィブルースバンド”KNOW YOUR MOUNTAIN”の元メンバーだが音楽活動からは距離を置き
デザイナーとして生計を立てていた。
2013年、休暇中に訪れた高尾山にて観光で来日していた元KYMのDoug Ellingtonと偶然の再会を果たす。
これを機に元メンバーと連絡を取り合うようになり、音楽ファイルを介しての楽曲制作を再開したと言われている。
学生時代、アウトドアストアの店員や常連客で結成、20代前半の若者達が奏でる、
その年齢と容姿からは想像できない楽曲が話題となっていたKYM。
2013年当時、30代となった元メンバーは東京、ポートランド、シカゴに在住し、
デザイナー、靴職人、コーヒーロースター、バイクメカニック、主婦とそれぞれ別々の道を歩んでいた。
2015年、バンド名を"THE WORKHORSE”として正式に活動を再開。
バンド名はKYMのヒット曲”THE WORKHORSE”に由来する。
活動再開後の音楽性は以前とは異なり、コーラスワークを基調とした浮遊感のあるサイケデリックな世界観が特徴。
ライブ活動はポートランドと東京での夏季数回のみに限定されるものの、音源のリリースは活発に行っている。
”Dogtooth RIdge(2016)”、”Mt.Tengu(2017)”、”Silver Falls(2018)”は必要最小限の機材を用いて
各地でライブレコーディングされた3部作として評価が高い。
毎夏のみ集まり、それ以外はそれぞれ別の仕事に従事しているのが心地よい距離感だ、とメンバーは口を揃える。
*このストーリーはフィクションです。

THE WORKHORSEのWを冠したブルーキャップ。
レターボーイによる印象的な手書きの文字を刺繍で再現しています。

LETTER BOY レターボーイ

アートディレクター&イラストレーター。
スウェーデン出身で、現在東京を中心に活動するカリグラフィー・レタリングアーティスト。
世界各地でカリグラフィー・レタリングのワークショップを開催し、文字にまつわる様々な手法による活動を行う。
www.letter-boy.com

本体POLYESTER80% POLYURETHANE3%
つば裏POLYESTER100%
ベルト部分牛革
中国製